News

お知らせ

日々のこと

Webデザイントレンド前線

カテゴリ:日々のこと
2019.09.03

ここ最近の自社デザインの傾向をまとめてみました。

制作に携わるデザイナーやクリエーターの皆さんは、企画されたコンテンツを、どのように「魅力的なWebサイト」にするか日々考えていると思います。

私たちは、デザイン基礎のベースは崩さず、応用でトレンドを取り入れています。

ここ数年のレイアウトとして、規則的な魅せ方には従来のグリットデザインを採用させながら、各ページは「ブロークングリッドレイアウト」「ノングリッドレイアウト」と言われるレイアウト方法を採用しています。

上の画像は、グリッドレイアウト例です。


グリットレイアウトは、要素を規則正しく整列することにより、綺麗に分かりやすくする方法ですが、多様しすぎると単調なデザインになり、退屈なイメージにも捉えられる場合もあります。

上の画像は、ブロークングリッドレイアウト例です。


「ブロークングリッドレイアウト」「ノングリッドレイアウト」は、要素を「重ねる」「ずらす」など各要素に躍動感を作り、空きのバランスを調整しつつ整ったレイアウトで仕上げます。シンプルに見えがちですが、空間を使ったデザインは意外とバランス面でもデザイン技術が必要だったりします。

ほか「フラットデザイン」や「ミニマルデザイン」「マイクロインタラクション」と言われる手法も定番になっています。

次回の事例は、モノクロベースに、ミニマルデザインを採用したWebサイトをご紹介いたします。

Share:
16 / 20